なかゆくい酩酊帖

酒好きの引きこもり、 なかゆくいが飲み食いにからめて、ぶつぶつと。

大阪弁回答編

香菜さんからご質問の、解りにくい大阪弁解説です。


・「どんならん」←どもならん と同じ?
ご推察の通り「どもならん」が変化したという説と、
昔、大阪城で正午に「ドン」と大砲を打って、
それを合図に庶民は昼食にしてた。
その「ドンが鳴らない」→「どんならん」
転じて「困ったことだ」「どうしようもない」
と云う意味になった、とする説があります。



・「べっちょない」
「別状ない」が変化。
大丈夫、変わりない、平気というような意味です。

「こないだえらい酔うてたけど、べっちょないか?」
「べっちょない、べっちょない、いつものこっちゃ」
と云う風に使います。



・「おおきにはばかりさん」
今は「おおきに」単独でありがとうという意味で使うけど、
本来は、「おおきに」は「大変」
「はばかりさん」は「ご苦労をかけました」で、
合わせて「とてもありがたく思います」ですかね。



・「いてさんじます」←いてこましたろか は わかります。
「行って参ります」→「行って参じます」→「いてさんじます」
「行ってきま~す」ですな。



・「ぼんち」
ぼっちゃん、ぼんぼん、若旦那というような意味です。
どっちか云うたら、世間知らずでのほほんと育ったというニュアンスかな。




・「いちびり」
お調子者、ふざけてはしゃぐ奴っちゅう意味です。
動詞は「いちびる」です。

基本は子供に向かって使う言葉で、
「いつまでもいちびってんと、早う寝なはれ」てな使い方です。

類義語に「ほたえる」もありますよ。




こんなとこで、わかってもらえましたやろか?
僕の知ってる範囲なんで、ひょっとしたら細かいとこに、
間違うたとこあるかもしれませんけど、
だいたいは合うてると思います。


ほな、また、よろしゅうに~。


  1. 2012/09/24(月) 21:32:35|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大阪弁でっせ~

三か月ほど前「大阪くらしの今昔館」へ行った際、
手拭いマニアの家人がお土産コーナーでひそかに入手。


大阪弁手拭いでんねやわ。
IMG_1249_20120923180505.jpg
ちょっと見ぃにくいけど、イラストに合わして、

「どんならん」
「べっちょない」
「おいでやす」
「いてこますでぇ」
「ぎょうさんのひとやなぁ」
「かんにんしてや」
「あてほんまによういわんわ」
「べっぴんさん」
「おやかましさん」
「おおきにはばかりさん」
「あんじょうたのんまっさ」
「えらいこっちゃ」
「いてさんじます」
「おはようおかえり」
「もうかりまっか」
「ぼちぼちでんなぁ」
「ぼんち」
「いちびり」
「たよりにしてまっせ」
「まかしとくなはれ」
「おおきに」
「えらいさわぎやなぁ」

てなことが書いたぁります。



ほんで左上には、しゃれことば。
IMG_1246_20120923180505.jpg
「うさぎの逆立ち」
「黒犬のおいど」
「うどん屋の釜」
「さるのしょんべん」
「夏場のはまぐり」
「五合とっくり」


どないです、答えわかりまっか?

たいして面白うもないけど「リンゴやミカン」のお方は、続きをどうぞ。

続きを読む
  1. 2012/09/23(日) 18:36:00|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

行ってきました

近くにあるから気にはなりつつも、行きそびれてた。
けど、お母ちゃんが行きたがってたんで、行ってきました、
大阪くらしの今昔館

ビルの10階から見ると、江戸時代の裏長屋が実物大で。

人間国宝の桂米朝師匠が、音声解説してくれます。

風呂屋の入浴料と引き札(広告ポスター)
IMG_0564.jpgIMG_0563.jpg
「ちのみ子 四文」って、ちょっと高いような…。


今の集会所にあたる町会所。
長屋とは違い、さすがに立派なつくり。
IMG_0588.jpgIMG_0591.jpg
家持、家守が集まって、町内のことを話し合ってのかな。

会食の後は、
IMG_0584_20120611220150.jpg
雪隠。


祭礼の時には、こういう造り物を飾り立てたそうです。
IMG_0562.jpgIMG_0568.jpg
木魚の布袋さんと、しゃもじの観音さん。


IMG_0580.jpgIMG_0573.jpg
箒、柄杓のカマキリと、箪笥、布団の獅子。



嫁と姑が、貸し家の入り口を見上げると、
IMG_0594.jpgIMG_0572.jpg
逆さまに貼られた「十二月十二日」

その心は、石川五右衛門が釜茹でにされた日を逆さまにして、
泥棒除けですと。


縮小模型やけど近代の展示もあります。
IMG_0596.jpgIMG_0603.jpg
古市の市営住宅。
子供のころ、似たような府営住宅に住んでたんで、懐かしい。


ほんでもって、これは氷冷蔵庫。
IMG_0606.jpg
上に氷を入れて、冷やすんですな。
ウチにもありました。


戦後の混乱期に作られたバス住宅。
IMG_0598.jpgIMG_0604.jpg
へ~、これはまったく知らんかった。


天神祭の船渡御と、ルナパークの初代通天閣。
IMG_0602.jpgIMG_0607.jpg
お母ちゃんも、興味深そう。


あ~、面白かった。
そんなには期待してなかったけど、けっこう満足。

ほたら晩飯行きまひょか~。

続きを読む
  1. 2012/06/11(月) 23:33:53|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

やっぱり大阪人でんな~

真偽のほどはわからへんけど、
大阪の家庭の九割にはたこ焼き器があるらしい。ほんまかいな?

ウチにも、もちろんありまっせ~。

久しぶりにたこ焼き大会!23個焼きの鉄板でおます。

20070225162838.jpg
たっぷり生地を流し込んで、タコ、天かす、紅しょうがを入れて。

20070225162854.jpg
頃合を見計らって、グリグリ返します。これが楽しいね。

20070225162909.jpg
特製ソースをかけて、青のりとカツオ節をパラパラ。
美味しそうでっしゃろ。もちろん美味しおます。

20070225162924.jpg
三回目は醤油味の生地で焼きました。味が変わって、また美味しい。
これは冷めても美味しいから、最終回もこれでね。

そやけど二人所帯やと、焼いては返し、返しては食べ、
いそがしい~、いそがしい~。
ちょっと疲れました~。


  1. 2007/02/26(月) 20:34:37|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

えべっさん

関西以外では、あまりなじみがないらしいけど、今日は十日戎。

昨日は宵えびす、今日本えびす、明日残り福。
えべっさんの愛称で親しまれる、年明けの大行事です。
「商売繁盛で笹持って来い!」の囃子言葉で、
福笹に鯛や小判の吉兆をつけてもらいます。

西宮神社では毎年、参道を競走して福男を選び、
今宮戎神社では、芸者さんや福娘の乗った、
宝恵駕籠(ほえかご)行列が奉納されます。

さて本題。
母の生家は堀川戎神社の近く。
近所の青年会の人たちに頼まれて、
作り物の亀の背中に乗って、行列したそうです。
彼女が小学生のころなので、戦前の話だけど…。

「ほぇ~、お母ちゃん福娘やったんや~!」
「まぁ、そうなるねぇ」
と、すこし恥じらいながらも誇らしそう。

いろいろ話してみるもんですね、
この歳になって初めて知った母の意外な経歴でした。


  1. 2007/01/10(水) 17:25:50|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どうでもええ話2

大阪の地下鉄は、路線ごとに色分けされてます。
そして、それぞれに意味があります。
って、みんなこじつけですけどねぇ。

御堂筋線<赤>大阪の大動脈
四つ橋線<青>御堂筋に対して静脈、また海寄りを走るから
堺筋線<小豆色>相互乗り入れしてる阪急電車の色
谷町線<紫>沿線に寺が多く、偉い坊さんの袈裟の色
中央線<緑>緑の多い大阪城の近くを通るから
千日前線<桃色>ミナミの繁華街を通るから
長堀鶴見緑地線<黄緑>緑地のイメージ、中央線と区別して
南港ポートタウン線<水色>海と空をイメージして

ここまでは知ってました。

で、先日開通した今里筋線は、オレンジ色。
さて、これがわからん。

じゃ、また調べてみましょ。


他路線で使われていず、識別しやすく、暖かさをイメージした、
正式名称:柑子(こうじ)色・ゴールデンオレンジ、ですと。

う~む、今回は納得いかん。
要するに、色のこじつけを思いつかんかったのね。




  1. 2007/01/09(火) 15:17:04|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

どうでもええ話

大阪と尼崎以外の人には、あんまり関係ないです。

電話の市外局番がどっちも(06)なんですね。
市外局番というぐらいやから、違う市は違う番号のはず。
そもそも、大阪と兵庫で府県も違うのに…。
な~んで同じなのか?と昔から不思議でした。

じゃあ調べてみましょ。
ほんと、インターネットって便利です。

明治時代に尼崎に紡績工場を作る際、大阪資本を受け入れ、
繊維取引の中心、船場との電話通信費を節約するため、
自前で、直接電話回線を引いた。
それで、尼崎は大阪と同じ(06)になったそうです。

ふ~ん、納得。
胸のつっかえ(そんな大層な)が、ひとつ取れました。

  1. 2007/01/06(土) 16:35:18|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ドーン!と〆ましょう

三十年以上の付き合いのオッサン、家族を巻き込んで宴会だっ!
今でも、こうして酒を飲めるのは、嬉しいことです。
今日は豪快ですぞ~!

まずは刺身。アワビもマグロもよろしおます。
海ぶどうと宮の華はしんちゃんのお持たせ。






20061231033130.jpg家人作のラフティーでございます。
トロトロに美味しく出来上がりました。
やっぱり皮付きはいいよ~。






さて次は、蒸し伊勢海老~、身はブリブリ、ミソもたっぷり。
20061231033201.jpg20061231033211.jpg
蛤もふくよかでした。
羽曳野に、メチャ安い魚介アウトレット(?)あるらし~よ。

20061231033235.jpgここらで、サッパリと生ハム。
こいつは、ファンゴッホ・トマトかな?







20061231033306.jpgふと気づくと、この家のお嬢様からの、
キツ~イお達し。
ごめんなさい~!






20061231033335.jpg
ム、ム、ム、これは?

フレンチ・ラム・ラック(オーストラリア産)、なんのこっちゃ?
20061231033344.jpg20061231033354.jpg
うほほーい、美味しく焼きあがりました。


華は、もうお婆さんだけど、ラム骨ガリゴリ、嬉しそう。
20061231033427.jpg20061231033439.jpg
やっぱり目つきが普段と違う肉食獣でした。

20061231033552.jpgさてさて、やっぱりこいつは寝てます。








20061231033604.jpgガキどもはDSに夢中です。








20061231033617.jpgありゃりゃ、ヘタッピーが、サックスまで引っ張り出して。









も~、エエ加減〆ましょうねぇ。
うどん、ツルツル。てっちり(写真忘れ)後の雑炊。
20061231033715.jpg20061231033727.jpg
今年も美味しく食べられました。わっはっは~。

感謝。



  1. 2006/12/31(日) 04:59:59|
  2. あふさか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

なかゆくい

Author:なかゆくい
うちなー病の上方人が、
うだうだと、
かめ~、のめ~。

アルバム

んみゃーち

お~りと~り

現在の閲覧者数:

最近の記事

banner_01.gif

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード