なかゆくい酩酊帖

酒好きの引きこもり、 なかゆくいが飲み食いにからめて、ぶつぶつと。

巻き、巻き~

家人の田舎は、佐賀です。
もっとも、お祖母ちゃんはもう亡くなって、
伯母さんといとこたちしか居ないけど。
その伯母さんが時々送ってくれるのが、
佐賀といえば、有明。
有明といえば海苔であります。
その海苔がぎょうさん届きました。
kblog 089
ほんで、この海苔、生産者委託加工品いうて、
収穫した海苔をメーカーに渡して加工してもらったもの。
市販品とは、ちょと違うのね。
いわばプライベートブランドで、美味しいのよ~ん。

さて、その美味しい海苔をどないしましょ?
むふふ、急遽、手巻き寿司大会の開催です。
kblog 093
明太子、マグロ、かにちゃいまっせ、イクラ、納豆に青味各種。

いぇ~い、巻くぞ、巻くぞ。
kblog 098
まずは、オーソドックスに鉄キュウ、ぐふぐふ。

さて次は、
kblog 097
イクラとかにちゃいまっせ、濃厚とあっさりのハ~モニ~。

う~ん、悩むな~。
kblog 096
納豆明太子で、どうじゃ~。
納豆の手巻き寿司って不思議に美味しいね。
明太子がアクセントになって、ええ感じ。

いろんな組み合わせを楽しんで、おなかいっぱ~い。
伯母ちゃん、おおきに~、また送ってや~。
ちゅうても、まだタップリあるけどね。


  1. 2009/04/28(火) 19:21:19|
  2. うちめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

どっちかと云うと

幼少のみぎり、魚を食べるときは、
お母ちゃんに身をせせってもらってました。
恥ずかしい…。
けど、今は「猫跨ぎ」です。
あ、不味い魚という意味じゃなくて、きれいに食べてしまう方ね。
干物なんかだと、頭も骨も食べてしまうから、
ほとんど何にも残りません。

で、先日珍しい魚を二種、近所の居酒屋で食べたので、ご紹介。
まずは、あご。トビウオです。
おっきいでしょ、30cm近くあります。
DCF_0087トビウオ
あごダシが美味しいのは五島うどんで知ってたけど、
焼いてもいけますね~。
脂はあんまりなくて、さっぱりした淡白な白身です。
隣のテーブルでは、お造りで食べてました。
羽根(ムナビレですね)をがッと広げた豪快な盛り付け。
そっちも、食べたかった~。

後日、別の店で、なんやと思います?
20090224マンボウ
マンボウの唐揚げです。
そう、あの途中でちぎれたような、バランス悪い魚。
この歳まで食べられるとは知らなんだ。
それもそのはず、マンボウは、すぐに臭みがでるから、
ほとんど地元で食べられて、流通しないそうな。
この店では、高知から直送してもらってるそう。

これもね~、なかなかでした。
フグをちょっとやわらかくした感じの白身で、
貝柱に似た食感もあって、ふむふむ、美味しいやないの。

お店の人の云うことにゃ、マンボウを注文したほとんどの客が、
あの寸詰まりの姿で出てくると思い込んでて、
ちょっとがっかりするらしい。
んな訳ないじゃないか、あんなでかい魚が姿で出てくるかよ~。
けど、気持ちはわかる、うん、うん。


などと書きつつ、何が好きか問はれれば、
元気よく「肉!」と答えるわたくしであります。

どないやねん…。


  1. 2009/04/24(金) 18:40:02|
  2. そとめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

文字、文字

東京在住の姪が、久しぶりに母のもとを訪ねた折の話。

「おばあちゃん、私、お好み焼きが食べたいわ」
ということで、近所のお好み焼き屋へ行ったそうな。
で、豚玉、いか焼きそばなんぞを注文したあと、
壁のメニューを見るともなしに見てると、
「もんじゃ焼き」の文字が。

「おばあちゃん、もんじゃ食べたことある?」
「ないと思うけど、あんたは?」
「だいぶ前に食べたことある。」
「美味しい?」
「うん、わりと美味しかったよ」
「ほな、食べてみよか」
で、基本のもんじゃを注文したけれど、
出てきたのは、すでに焼きあがったペランとした薄焼き。
それにタレをかけて食べろという。
「もんじゃてこんなん?」
「う~ん、前に食べたのとは違う…」
おばあちゃんと孫は釈然とせんまま、食べ終えましたとさ。
まぁ、不味くはなかったらしいけど、いけませんねぇ。
そこで緊急出動、全日本正しいもんじゃ普及協会大阪支部。

もんじゃとは、これどうぇ~い。
20090129もんじゃ1
だいぶ焼けてきたぞ~。

ほら、旨そうにこげてら~い。
20090129もんじゃ2
「こないだ食べたんは、こんなんと全然ちゃうよ」パクッ。
「いや~、美味しいわ~」パクッ。
「あ、ビールも飲まな」パクッ。
母は少食な方やけど、これはよう食べましたね~。

こうして全日本正しいもんじゃ普及協会大阪支部の活動は、
続いて行くのです。
めでたし。


  1. 2009/04/18(土) 11:05:50|
  2. ぐるり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

にじみ出る

バラフて知ったはります?
なんとなく聞いたことはあってんけど、実物を家人が買ってきました。
彼女は、前から市場で見かけてたらしいけど、
1パック400円くらいしたんで、手が出なかったそうな。
それが、113円で売ってたんで、即購入。
kblog 083
他にもプッチーナ、クリスタルリーフ、ソルトリーフ、ソルティーナ、
なんちゅう名称もあるようです。
アフリカ原産の多肉植物で、佐賀大学が研究して、
国内生産できるようにしたらしいねんけど、
なにが面白いいうて、その見た目。
表面に水滴が付いてるように見えます。
ん、この写真じゃわからん?

じゃ、出してみましょ。
ね、産毛のようにも見えるけど、そうじゃなくて、
小さくて透明な玉がびっしりと付いてるんです。
これがキラキラ光って、綺麗です。
もちろん水洗いしても取れません。
DCF_0094.jpg
でね、食べるとレタスと大根を合わせたようなシャクシャクした食感で、
さ~、奥さんこっからが不思議なとこ。
な~んと、ほんのり塩味がしますねん。
根から吸い上げた塩分を表面に蓄えるんですて。
葉っぱより茎のほうが美味しいかな。

いや~、いろんな食べ物があるもんですね。
もっとも、彼(?)は美味しく食べられようと思って、
塩分を蓄えてる訳やないやろうけどね。



  1. 2009/04/12(日) 15:06:41|
  2. ぐるり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

お疲れ様でした

今年八十歳の母は手芸教師。
いずれも週一回とはいえ、二つの教室で教えてます。
ただ、さすがにちょっとしんどくなって来たようで、
エイヤッ、と一大決心。
先月いっぱいで、40年続けてきた教室を一つ辞めることにしました。
先週の最終授業では、名残りを惜しむ生徒さんたちに囲まれて、
大感激したようです。

彼女が手芸を始めたのは、50年近く前でしょうか。
最初はあまり気乗りしなかったそうですが、
祖母が買ってくれた編み機が予想外に高価なのを知って、
これはええ加減にしたらバチが当たる、と一念発起。
まわりの人たちにも恵まれて、かなり素早く教師の免許を取得。
けど、自前で教室を持つ余裕など当然なく、そこからが大変。
大きくて重い編み機を運ぶために、三十代で自転車の稽古を開始!
さすがに昼間は恥ずかしいというので、
夜になると、家の近所で、兄と僕で介助しながら、自転車コギコギ~。
青あざいっぱい作りながら、悪戦苦闘。
そうそう、田植え直前の泥田に大転倒!したこともあったけど、
泥のおかげで大怪我もなく、全身泥まみれの姿を思い出しては、
今でも大笑い。

そやけど母は強しですな~。
見事に自転車を乗りこなすようになって、
編み機を積んで、今日は東に、明日は西に。
気がつけば傘寿を迎える今でも現役。
我が母親ながら、尊敬してしまいます。

これからも、手芸、編み物を楽しんで、元気でね~。
くれぐれも、無理せんように。


  1. 2009/04/05(日) 23:45:40|
  2. 食べられへん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

大きな少年

六歳上の兄の影響からか、
京都ですごした学生時代は、ジャズ喫茶でアルバイトをしてました。

当時の京都はジャズ喫茶全盛時代で、何十軒もの店が、
それぞれの特色を出して鎬を削る激戦区。
僕が働いてた店は、所蔵レコードが、ん千枚。
新譜の入手も早くて、ビ・バップからクール、ハード・バップ、新主流派、
フリージャズから、フュージョンまでかける間口の広さで勝負。
一部の頭の固いガッチガチジャズファンには、
節操がないと不評やったようやけど、
な~に、音楽はいろんなものを貪欲に聴くのがええんです。
スピーカーはJBLオリンパス、アンプはMacintosh、
プレーヤーは、ん~、忘れた~。
なかなか、え~音出してましたよ。
もちろん僕が揃えたわけやないけどね。

ありがたいことに、音頭取りがいるので、
今でも、当時のバイト仲間が、年に一度は集まります。
その飲み会が先週ありました。
みんな、ええおっちゃん、おばちゃんになって、
娘が嫁に行った、息子の就職が…、だの、
もうすぐ孫が、なんて近況報告でひとしきり盛り上がったあとは、
すぐにタ~イムスリップ。
人手不足でオーナーの本業のパチンコ屋で働かされたこと、
バイト仲間だけの秘密、ビールが100円安く飲める裏技、
いやな客を追い出す時には、どのレコードが効果的か?等々、
もう30年以上経つけど、昨日のことのように思い出話に花が咲く~。

帰りに友達のバーにも寄って、
京阪最終急行で大阪へ~。
あ~、楽しかった。

ちなみに僕が働いてたのは、三条河原町一筋下ル東入ルにあった、
BIG BOY という店です。
もちろん、今はもうない。


  1. 2009/04/01(水) 00:03:14|
  2. 食べられへん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

なかゆくい

Author:なかゆくい
うちなー病の上方人が、
うだうだと、
かめ~、のめ~。

アルバム

んみゃーち

お~りと~り

現在の閲覧者数:

最近の記事

banner_01.gif

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード