なかゆくい酩酊帖

酒好きの引きこもり、 なかゆくいが飲み食いにからめて、ぶつぶつと。

おおきに、マイケル

東京在住の大阪人、僕の友人の中では最年長のTさんから連絡が。
「急に大阪や、今どこ?」
「あ、家に居てますけど、飲みましょか?」
「うん、ほならあの店にしょうか。ぼちぼち行っとくわ」
「わかりました、30分ぐらいで行きます」
「ほな、後で」
ということでぇ、
風邪気味の家人を残して、いつものジャズ・バーBricksへ。

「今日はな、ちょっと印税が入ったから、おごらしてもらうわ」
と、嬉しいお言葉。
「なんの印税ですのん?」
「マイケル君や、あんなことあったから、
やっぱり本がちょっと売れたらしいわ」
「なるほど~、ほな遠慮のうご馳走になります」

Tさんは、知る人ぞ知る音楽評論家で、
昔、マイケル・ジャクソンに関する本を翻訳しはったんです。

で、お互いの近況なんぞを話しながら飲んでたら、
「あんな、もう一軒つき合うてくれるか?」
「もちろん、ええですよ」
「大阪来たら行かなあかん店があんねん。
ここんとこご無沙汰してるし」
「わっかりやした、行きましょか」
「ちょっと歩かなあかんけど、ええか?」
「なに云うたはりますのん、僕の方が若いねんから」
「よっしゃ、行こ」

ということで、二軒目へ。
落ち着いた雰囲気の本格的なバーです。
「何でも好きなもん飲みや」
「はいな」

彼は、このバーでいつも飲むらしい特別にドライなマティーニ。
僕はウイスキーにはとんと疎いんで、
アイリッシュのストレートをお任せの銘柄で。
これが旨かった。
そして、二杯目を何にしょうかと考えてて思い出した。
「あの~、スコッチで、なんとか島で作ってて、
ヨードチンキみたいな匂いすんのって?」
「はい、アイラ島ですね。もちろん有りますよ」
「じゃあ、それを下さい」
「この、アードベッグが香りも強くて、しっかりした味、
コストパフォーマンスもいい、お奨めのアイラモルトです」
「またストレートでお願いします」
「40度、50度、60度とありますけど、どうしましょ?」
「えっ、スコッチでそんな種類あるの珍しいですねぇ」
「普通は40度しかお出ししないんですけど、
一杯目のの飲みっぷりを見て、イケる口やな、と思いましたんで」
「そしたら、50度をお願いします」
「かしこまりました」

「なんやねん、そのヨードとか、アイラとか?」
「いや、かなり癖のある香りなんですけど、
慣れたらこれが旨いんですわ」
「ちょっとかしてみぃな、わっ臭っ!病院みたいやな~」
「でしょ、けど美味しいですよ」
「そんな消毒液みたいなん、よう飲むなぁ」
などと、わぁわぁ云いながら、夜は更けて。

普段飲むのは、ビール、焼酎、泡盛、たまにバーボン。
久しぶりのスコッチは、ゆっくりと、優しく、
けど、しっかりと沁みていきました

ホテルに帰るTさんと別れて、一人でもう二軒。
飲みすぎやがな~。

遅ればせながら、天国のマイケル君のご冥福を祈ります。



  1. 2010/02/21(日) 18:15:45|
  2. ぐるり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

好きです

カレーって季節物なんですかねぇ?
夏にはあんなに多かったカレーのCMも今や朝カレーのみ。
冬はシチューなんですかね?

さておき、先日の関東煮三昧に続き、
またもや寸胴が活躍したのは、カレーです。

メインの具は、ビーフ、ポーク、チキン、シーフード、ベジタブル、
あたりが代表選手ですよね。
ただ、ウチはガッツリ食いなんで、基本は肉になってます。
いつも悩むのは何カレーにするか?
牛一つとっても、塊肉、ヒラヒラ肉、スジ肉。
ロースか、バラかという選択肢もありますね。
鶏なら、モモか手羽か?
あ~、悩ましい~!

で、今回は牛切り落としヒラヒラ肉が寸胴にたっぷり出来上がりました。
関西ご家庭カレーの定番?安上がりです。

まず初日、まだ出来上がったとは云えないので、
味見を兼ねて、酒のアテにルーを少しだけ食べる。

二日目、王道のカレーライス。ついつい食べ過ぎてしまった~。

三日目、カレー中心ののせのせ大会。フランスパンに色々のせます。

四日目、カレーうどん。後で白飯を入れてカレー丼も食べてしまった。

五日目、カレースパゲティ。イタリア人は食べるのかなぁ?

六日目、再び(みたび?)カレーライス。やっぱり旨い。

七日目、カレーグラタン。チーズとの相性もいいね~。

八日日(最終日)名残を惜しみつつ、カレー焼き飯。
次はいつ会えるのかな~?
(今回は、色目が単調すぎるので写真は割愛しました)

は~、美味しかったけど、なんぼなんでも食べすぎかなぁ?
インド人もビックリ!?


  1. 2010/02/15(月) 21:53:03|
  2. うちめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Lesson 1

どういうきっかけかは知らんけど、
友達の娘(中二)が突然エレキギターを弾きたいと云いだした。
で、初心者用のギターセットを教えたら、
たっぷりお年玉をもらってたんでしょうな、
その日のうちに注文したらしい。

数日後、事情を知らないおばあちゃんは、
でかいダンボール箱が届いて、
ずいぶんビックリしたそうな(はた迷惑)

さて楽器は素早く手に入れたものの、
ギターに関する知識はまったく無し。
彼女の周囲で、まがりなりにもギターを弾けるのは、
ゴッドファザーでもある僕だけ。
当然のように「明日行くから、ギターおせ~て~」と電話が。
う~む、ひとに教えるほどの技量やないけど、
いたしかたあるまい。

休日の昼下がり、新品のエレキギターを背負って、
意気揚々と我が家に、彼女がやって来た!

ところがねぇ、彼女は小柄で手も小さくとても華奢。
なかなか上手くコードを押さえられません。
けど諦めずに、単音でドレミファを弾くことなんぞもまじえながら、
一時間ほど。
えらいもんですなぁ。
まだまだ完璧とは云えないものの、少しさまになってきた。
やっぱり若いと、吸収が速いっ!

黒いストラトタイプ(シブい)のギターに取り組む彼女。
15blog 016
比較的簡単に押さえられるコード、Amに挑戦中。

休憩をはさみながら、約三時間。
レッスン終了時には、Am、Em、E、C、Dm、
五つのコードの押さえ方を習得しました。
迎えに来た母親、弟と帰る彼女の顔は、晴れやかに輝いてましたよ。

この先にはギターを始めた者、誰もがぶつかる F の壁があるけど、
頑張れ~、ギターは楽しいぞ~!

彼女達と晩飯を食った後、なかゆくい~ズは、いつもの飲み屋へ。
そこのマスターが、つい最近、ミニアコースティックギターを購入。
彼は三線が上手いんだけど、ギターはぜんぜん触ったことがないそう。
そこで彼にもAmとEmを伝授。
一日で二人も弟子ができちゃった~!
代わりに彼は僕に、三線の基本曲、安里屋ユンタを教えてくれました。

そんなこんなで盛り上がってるところへ、常連客が登場。
彼は、三線、ギターともに上手だけど、
見ると、なにか小さな楽器ケースを持ってる。
「ん、それなんですか?」
「へへ、衝動買いしてしもた」
「そやから、何ですのん?」
「じゃじゃ~ん、フラットマンドリン~!」
なんと本日、四種類目の弦楽器が登場。
4組8本の弦がギターのチューニングとは逆に張られてて、
ブルーグラスなんかで活躍するアメリカ発祥の楽器です。
いや~、楽器は楽しいね~。
サックス吹きで弦楽器はからっきしの家人も、ちょっと触ってました。

終わってみれば、弦楽器まみれの一日でした。
泡盛も旨かったさ~。


  1. 2010/02/11(木) 23:33:29|
  2. 食べられへん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

食べてなかった

よくよく考えてみたら、
この冬、関東煮をまだ食べてなかった~。

いや、外食(居酒屋)で、何度か食べてますよ。
そやのうて、家で作って(もらって)なかった、っちゅうことですわ。
この寒いのに、そらあかんやろ~。
早速作ってもらわなければ。
15blog 002
ウチはいつも寸胴にいっぱい作りますよ~ん。

初日は、
15blog 003
水菜、スジ、蓮根、タコ、ごぼ天、凍みコンニャク他。

次の日は、
15blog 005
菊菜、タコ、蓮根、大根、スジ、じゃが芋、ごぼ天、素ロールキャベツ他。

なんちゅう感じで、タネを追加しながら、食べ続ける。
今回は、都合五日間食べました。
しばらくは、関東煮はいらんな。

そない食べいでも~。


  1. 2010/02/02(火) 18:54:14|
  2. うちめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

なかゆくい

Author:なかゆくい
うちなー病の上方人が、
うだうだと、
かめ~、のめ~。

アルバム

んみゃーち

お~りと~り

現在の閲覧者数:

最近の記事

banner_01.gif

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード