なかゆくい酩酊帖

酒好きの引きこもり、 なかゆくいが飲み食いにからめて、ぶつぶつと。

一ヶ月ちょっとぶり

僕たちは、孫の顔を見に行きました。

産まれた直後に比べたら、しゅっとした感じになっていました。
たった一ヶ月なのに、ずいぶん変わるもんだなぁと思いました。

娘はおっぱいがたくさん出るそうで、
孫はそれをぜ~んぶ飲むから、ちょっとおデブさんだそうです。


孫はウンチを一回しました。

娘がオムツを変えながら、
「おっ、来るっ、おしっこ!」と云いながら、
オムツで上手に受け止めていました。

僕がパチパチと拍手して「上手いもんやな~」と云いったら、
「あったりまえやん。こうなるまでに、何回ひっかけられたことか」と、
娘はすこし自慢げでした。

赤ちゃんが生まれると同時に、母も生まれるといいますが、
本当にそうだな~と思いました。

女は弱し、されど母は強し。
あんなに頼りないと思ってた娘がすこし逞しく見えました。



momo 013

僕達が居るあいだ、孫はほとんど寝てました。
僕が抱いてるとき一瞬目をさましたけれど、
新米オジィに抱かれてるとは認識してないんだろうなぁと思いました。


世間では孫はと~っても可愛いと云います。
もちろん僕もそうだけど、
それは小さいからという要素がかなり大きいと思います。

僕は、やっぱり娘の方が可愛いと思いました。


照れくさいので、作文みたいに書きました。


  1. 2011/03/25(金) 15:39:34|
  2. 食べられへん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

あかんがな

原子力発電所が安全なら、
な~んで東京や大阪の都心に建設せえへんかったんか!

電力を大量に消費する大都会に発電所があったほうが、
送電ロスがなくてええやないか!

核廃棄物を自分らから遠いところへ埋めようとするのはなんでや!
とにかく安全、安心を強調するのは、危険やて知ってるからちゃうん!

オール電化とかいうて、ジャンジャン電気使う状況を作っといて、
節電、省エネ、エコとかいうてる意味がわからん!

ライトアップ要るか?
24時間営業要るか?
100万ドルの夜景要るか?

僕らは電気がないと立ち行かん生活に頭の先まで、
どっぷりと浸かってるけど、
ほんまにそんなに電気が要るんやろか?

ほんまに原子力発電所が必要やったんやろか?

すくなくとも僕は「原発は、あんまりようないなぁ」
ぐらいの認識しかなかった。
それではあかんかったと、今ものすごく反省してる。



地震、津波、そのうえ放射能て、あまりにもひどすぎる。



  1. 2011/03/15(火) 19:29:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

胸が痛む

大阪でも長周期の揺れがけっこう長く続いた。

母は、自分がめまいをおこしてると思って、
気分が悪くなったそうだ。
地震とわかってすぐに気分は治ったらしいから、
人間の身体って勝手なもんです。

震源地が東北なのに、大阪まで揺れるなんて、
かなり大きな地震だなと思ったけど、
こんな酷いことになるなんて…。

東京の友人は、3時間歩いて家に帰り着いたそうだ。
大変だったろうけど、帰れる家があるのは本当に幸せ。

いったい何人の人が亡くなり、避難し、家を失ったんだろう。
原発の爆発も心配だけど、被災した方々の今後が一番心配だ。

まだまだ余震も続き、津波の可能性もあるようだけど、
一日もはやい復興を祈るばかり。



  1. 2011/03/12(土) 19:30:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

う~む、む、む

恥ずかしながら、生パスタっちゅうもんを食べたことがありません。

乾麺で充分美味しいし、
大体そこらで売ってへんでしょ。

「ウチは生パスタですよ~」てな、
こ洒落たイタリアンレストランには行ったことないしぃ。

ということで、あんまり恥ずかしいこともないねんけどね。
(どっちやねん!)


とある日、家人が自慢げに買ってきたのは、その名も「なまパスタ」
16blog 149
え~?なんかイメージしてたのと違うなぁ。
生パスタっちゅうより、半生細うどんっぽいやんかぁ。
カペリーニよりは、ちょと太いかな。


とりあえず食べてみましょか。
シンプルにトマトのソースでいただきました。
16blog 151
茹で時間2分に怪しさを感じてたんやけど、やっぱり~。
ウニャウニャとまではいかんけど、
アルデンテ感がうす~い。

生パスタってこんなもんなのか?
それともこの商品の力が弱いのか?



これからもウチは乾麺でいきますわ。



  1. 2011/03/08(火) 18:49:06|
  2. うちめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ささやかな抵抗

正確に云うと抵抗じゃなく、ささやかな自己満足なんですけどね。

先日書いたとおり、僕はほとんど料理をさせてもらえません。
でもね、料理につながる細いけれども、
絶対に切ることの出来ない線をガッチリと握ってます。


まずは我が家の包丁紹介。
17blog 002
左から、菊秀特撰スウェーデン鋼の牛刀(僕専用)、
メーカー不詳の三徳包丁(家人用)、
ヘンケルとメーカー不詳のぺティナイフ(共用)

これに出刃があればいいんだけど、
魚をさばく事はめったにないし、
まぁ、これでいいかな。

で、この4本の包丁砥ぎは、
なかゆくい商店が一手に引き受けてるんで、
包丁の切れ味が悪くなってくると、
家人が「そろそろ砥いでもらおうかな~」と猫なで声。

それを「ふんふん」となま返事でやりすごしてると、
数日中に、家人が僕の牛刀を使い始めます。

牛刀はほとんど使われないんで、切れ味が落ちてないんですね。
こうなったら危険信号。
さっさと砥がないと、血の雨が(まさか!)

まぁ実際には「そろそろ包丁砥ぎましょうか?」と、
こっちから下手に申し出るのがほとんどなんですけどね。


とは云え、僕が包丁を砥がんかぎり、
「家人も満足に料理ができんのよね~」と思うだけで、
少し満足するのでありましたとさ。


  1. 2011/03/03(木) 21:57:19|
  2. ぐるり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

なかゆくい

Author:なかゆくい
うちなー病の上方人が、
うだうだと、
かめ~、のめ~。

アルバム

んみゃーち

お~りと~り

現在の閲覧者数:

最近の記事

banner_01.gif

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード