なかゆくい酩酊帖

酒好きの引きこもり、 なかゆくいが飲み食いにからめて、ぶつぶつと。

魂の兄弟たち

ジョン・マクラフリンとカルロス・サンタナじゃないよ(ん?)



先日、三線教師をしてる友だちのお誘いで、ライブに行ってきました。

彼の兄貴分でもある平安隆氏(元チャンプルーズ)と、
宮永英一氏(元紫)という珍しい組み合わせのユニット。
20120413193546.jpg
沖縄の民謡を中心に、二部構成で3時間近く。
いや~、観ごたえ、聴きごたえ充分の素敵なライブでした。



チビこと、宮永さんのドラムセットは、
琉球太鼓を組み合わせたダイナミックなもの。
20120413193509.jpg
この写真じゃ分かりにくいね。
とにかく大迫力であります。


で、ここからが本題(ちょっと長いよ)。


休憩時間に、平安さんに質問してみました。

「宮永さんと一緒に演るようになったきっかけってあるんですか?」


「ん~、僕と彼は、楽器を持つずっと前のガキの頃から

一緒に遊んいでいたよ。

去年、45年ぶりに一緒に演るようになったんだけどね、

それは、去年彼の母親が亡くなってさ、

僕の母親が親友だったから、お線香をあげに行ったわけ。

その時に彼があまりに力を落としてたから

僕の電話番号を教えたらしい。

しばらくしたら、電話がかかってきて、

その声に全然元気がなかったから、

『一度東京に遊びに来いよ』って云ったわけ。

住んでたのは埼玉だけどね、ハハ。

そしたら来たから、なんの打ち合わせもせずに

二人で演奏してみたわけ。

遊びだけどね。

僕は昔、R&Bやソウルだし、

彼はハードロックでしょ。

同じ洋楽でも、まったくジャンルが違うのに、

一緒に沖縄の民謡を演ったら面白いように息が合うわけ。

二人ともお祖父ちゃん子で、民謡を聴きながら育ったから、

やっぱり身に沁みついてたのかな。

昔、彼に『お前は僕と一緒に演る運命さ』と云ったことがあって、

その時は、上から目線に感じたのか、カチンときたらしいけど、

そのことも、心のどこかに残ってたんだね。

そんなことがあって、二人でライブをするようになったわけ」



「へ~、亡くなった宮永さんのお母さんが

二人を引き合わせてくれたんですね」



「そう、まさにその通り」


「魂の兄弟やな~」


「おっ、いいこと云ってくれるねぇ」


そこに現れた宮永さん、

「ん、みんなで僕の悪口云っているの?」

「あははは~、違うよ、いい話をしていたのさ~」




二部のステージの途中、

ギターに持ち替えた平安さんの話がまた良かった。



「彼と僕とは、コザ中学の同級生だったんだけど、

米軍のラジオを聴いてたら、ベンチャーズが流れてきたわけ。

そのエレキギターのサウンドの格好良さにみんなビックリしたさ。

当時は電気ギターと云っていたけどね。

それで、なんとか電気ギターのバンドをやりたいと思っていたら、

電気ギターを持ってる金持ちの坊ちゃんがいて、

そいつから借り(パク)して、四名でバンドを始めたの。

僕はじゃんけんに勝って、電気ギター担当。

負けた彼はドラム。

そして毎日練習していたら、

ある日、白いスーツのおやじがやって来て、

『俺は音楽プロデューサーだ。

君たちはもっといいところで演奏しなくちゃいかん。

ついてきなさい』というので、ついて行ったさ。

コザの細い路地をずんずん奥へ行くと、

道の両側にはお姉さんがいっぱい立っていて、

いわゆるパンパンだねぇ。

行きついた先は、要するにストリップ小屋。

そこで米兵相手にストリップの合間に演奏するわけ。

けど彼らはストリップ目当てだから、僕らの演奏なんて聴くわけないし、

もう、無茶苦茶だったねぇ。

それで、毎日ステージ演るのに、ちっともギャラをくれないから、

おかしいな~、と思ってたら、

結局僕らは、一人500ドルで小屋に売られていたの。

ひどい話でしょ。

でも考えようによっちゃ、その白スーツのおかげで僕ら二人とも、

こうして音楽の世界に身を置くようになったのかもねぇ」



そういい終えた平安さんは、

おもむろにベンチャーズ・メドレーを弾きだした。

続いて、マイ・ベイビー・バラバラを歌えば、

その後、宮永さんがクィーンのロック・ユー。



ついさっきまで沖縄民謡を演ってた二人がなんちゅうこと!

もう素敵すぎ~~~!




んとにDEEPな話と、しびれる演奏に酔いしれた夜でした。




  1. 2012/04/28(土) 01:41:59|
  2. 食べられへん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<晴れ~! | ホーム | この差は何?>>

コメント

音楽

私は音楽にうといのですが、音楽には不思議な力があるようですね。
この曲知ってる・・・という話から友人になったり、好きな歌手が一緒だと分かった日から、親友になったり・・・
涙が出る曲があったり、大きな力があるのでしょうね。
最近大きな声で歌っていません。
また、散歩しながら歌ってみようっと!
  1. 2012/04/29(日) 19:54:17 |
  2. URL |
  3. 石垣グランマ #-
  4. [ 編集 ]

石垣グランマさんへ

経験豊富な人生を送ってきた人が奏でる音楽は、こころに深くに沁みいります。

音楽を通じて知り合った友は、ほんとに多く、
彼らのおかげで僕の人生も、楽しく味わい深いものになってる気がします。

大きな声で歌うのは、精神的にも肉体的にもいいですね。

  1. 2012/05/01(火) 16:33:59 |
  2. URL |
  3. なかゆくい #JTO6CbIU
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

最高のライブに最高のMCだったんですねぇ~。
ミュージシャンとか芸術家とかって、生まれた時から、そうなる運命だったんじゃないかって話をよく聞きますよねぇ~。もうそうなるしかなかったような導きがあるっていうか。

もう何年もライブなんて行ってないですが、そんな素敵なライブに行ってみたいものだと思いました。
  1. 2012/05/02(水) 00:40:47 |
  2. URL |
  3. たびぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

たびぱぱさんへ

ホントにええライブでした。

僕は運命論者ではないけれど、
こういう話を聞くと、やっぱり運命ってあるのかな~、
って思ったりもします。
  1. 2012/05/06(日) 18:40:27 |
  2. URL |
  3. なかゆくい #JTO6CbIU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chilldie.blog54.fc2.com/tb.php/805-ac8bcd1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なかゆくい

Author:なかゆくい
うちなー病の上方人が、
うだうだと、
かめ~、のめ~。

アルバム

んみゃーち

お~りと~り

現在の閲覧者数:

最近の記事

banner_01.gif

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード